演義、正史の信憑性の話は置いておいて、
とりあえず正史を信じるのであれば、
曹操は常に前線で仕事をして
武功をあげてきたばりばりのビジネスマンなのだけれど、
日本人は部下任せの劉備が好きだ。

以前中国では
「なぜ徳川家康を主人公にしたゲームが日本にないんだ!」
と言われるほど徳川家康が好きで、
日本人を驚かせた。

たしかに戦国武将で日本人が一番好きなのは織田信長で間違いないだろう。

そして三國志では劉備が好き。

日本人の自虐史観が問題になっているけれど、やっぱり
日本人ってもともと戦争が大好き(織田信長好き)で
のほほんと山の上から、自分の部下が戦っているのを見てるのが好き(劉備好き)な
どうしようもない人なんじゃないかと思ってしまう。

卑怯もの。
卑小な生を選択することで生き延びる。

高尚な生を生きている気になっている人が
こういう文章を見て
怒り出すかもしれないけれど、
卑小な生より高尚な死を選んできたことを
称賛するようなことはもう止めにしたい、とは思わないのだろうか?

それがこれから本当に必要な立ち居ちなんじゃないかと。