鉄拳7、辞めました。
全然初心者向けじゃないし、沼が深すぎる。

※鉄拳は1のAC版からやってました(初プレイは今はなき綱島の酒屋?パチンコ店の2階の…名前失念)
※スト2系はストVCBTプレイ済み、スト2ダッシュターボの国技館大会やXの大会出場経験あり(結果は……)圧力センサーボタン?のスト1プレイした経験もあります



|鉄拳7、辞めました


正式稼働日、2015年3月18日水曜日。
この日を楽しみにして待っていた頃からだいたい3ヵ月。
3までの楽しい思い出があって、久しぶりの鉄拳。楽しみな鉄拳の新作。

が!
格闘ゲーム、アーケードゲーム『鉄拳7』辞めました。

理由は色々ありますが、E3で発表されたストVの内容を色んなサイトで見たことでした。
中でも決定的だったのは以下の記事。

電撃オンラインさんの…
『ストV』キャラの選定理由とは!? キャラバランスやソニックブームが波動コマンドになった理由に迫る(http://dengekionline.com/elem/000/001/072/1072600/
ソニックブームが波動コマンドになった理由、それは「溜めの必殺技を出すのが難しいという声がある」から、とのこと。これまでの慣例、ソニックは溜め!=ガイルは待ち!というのを打ち破ってでも、初心者の声を聞いて変える勇気! すごい!

一方鉄拳7は…


|3ヵ月で約20万円/180時間使って…勝てない!


稼働から3ヵ月、鉄拳7のために使った金額は約20万円。
家で練習するためにPS3の「鉄拳6」とダウンロード版の「鉄拳TT2」を購入、それぞれの攻略本を見ながらコンボを覚えて、確定反撃を…というのを1日1時間〜2時間毎日3ヵ月ほどやって、ゲーセンで1時間。他の人のプレイを見て参考にしたり、色んな方の鉄拳ブログを参考にさせていただいてプレイに反映させたり、そんな時間を合わせるとだいたい180時間くらい使いました。(鉄拳7のみのプレイ時間は30〜50時間くらい。それ以外はPS3の前作ソフトでの練習)
※クラウディオとクロエは5種類の異なるコンボ始動技からのコンボを覚え、ジョシー、一美、ギガースは2種類くらい、シャヒーンはとりコレコンボさえできない1つを飛ばして4種類くらい、カタリーナは一番使いたかったけど、コンボ途中の移動技が難しくて…それでもメインにしたかったイケメンラースのためと思って新キャラだけでも対策と思って覚えた新キャラのコンボ始動技を喰らわないようにF調べたりとか…


鉄拳7のために購入したもの。
鉄拳7のとりコレはゲーセンで無料配布されてます。
そして努力した時間を知ってくれているアケコンたち。

鉄拳7のために購入したもの

今なら、スマホの課金と比べられるし、そうするんだろうけど、そうしたくない気持ちもありながらスマホの課金(パズドラ、モンストとか)と比較すると……1つのゲームにこれだけ使うって…自分で振り返っても恐ろしい…。
これだけお金も時間も頭も使ってネット対戦(店内対戦は人がいなかったです)で勝てたのは両手の指で数えられるくらいです。

なぜ?

まぁ下手です。
これだけ時間とお金をかけて勝てないんだから、下手ってことでカンタンに片付けてもいいと思います。
鉄拳力?とか言うんですかね、そういうのも無いんだと思います。
そしてそんな鉄拳力を鍛えて来た猛者たちの鉄拳には20年の歴史があります。
鉄拳は昨年2014年、20周年を迎えたそうです。

しかし!

今から、ゼロからはじめようとすると、20年前からずっとやっているプレイヤーとの差は20年。
当然ですが、20年前から同じ技もあります。(モーションや技の名前が同じで微妙に変化はしてますが…)
24時間×365日×20=175200時間。
1日1時間プレイしているプレイヤーでも、7300時間。
ガチな人たちはそれくらいやってるんですよね。
180時間で20万円使った自分と、厚かましいですが同じ比率で金額換算すると810万円。
810万円分の課金!
いやぁ、そりゃ勝てないですw
自分がプレイしたのは、練習したのは、対戦したのは、たったの180時間ですから。
それでも毎日鉄拳のことばかり考えてたんだけど…。

一方ストVは初心者のこと、すっごい考えてくれてるんだなぁと知って、鉄拳マジあり得ないと思って辞めることにしました。1、2、3と増えていくキャラ、増えていく技、増えていくことはゼロから始めない人だから感じられることであって、ゼロからはじめる人はいつだってその作品はゼロ。そこからしか増えていかないんです。
原田さん、いつかのインタビューで言ってましたよね? 1とか2とかの頃の鉄拳が好きな奴は変な奴だと。そうですね、自分は変な奴ということです。あの拳がデカい頃の方がみんな「ゼロ」だったから楽しかったのかもしれないですけど。ゼロに戻す勇気がない?…お互い年を取りましたね。パズドラの山本さんみたいに、下手なプレイヤーや新参者、はじめたばかりの初心者のこと、心の中で笑ってるんでしょうか? 「下手なら辞めればいいじゃん」と。(山本さんの(課金して使えないキャラが出て文句があるなら)そのキャラ使わなければいいじゃん…みたいな感じで)




それに、鉄拳7に20万円使った…ってパッケージゲームとかコンシューマゲームは、スマホの課金ゲーと違って優良…って心のどこかで思ってたけど、改めて自分の数ヶ月を振り返ると…酷いwww


原田さんがおかしいと言っていた20年前の鉄拳、「PS版鉄拳」の販促用下敷き……好きです。
大切に取ってあります。
PS版鉄拳1販促用下敷き01
PS版鉄拳1販促用下敷き02


|ポッ拳、やりません


楽しみにしていたもう1つのゲーム、ポッ拳ですが、今回のことを考えると、「鉄拳=初心者が入れないガチ勢と20年の壁がある玄人向け、スト2系=過去の慣例も初心者のために変えてくれる初心者向け」というイメージが付いてしまったのでプレイしません。
ポッ拳プレイしはじめたら、またコンボ覚えて、確定反撃覚えて…って考えると地獄でしかないです。
何で任天堂は鉄拳と組んじゃったんだろ…玄人向けにしたかったのかなぁ?
カプコンと組んで欲しかったポケファイでいいじゃんね。
(あれ? ストファイってストリートファイターの略だったっけ)
それに任天堂は格闘ゲームの奥深さを保ちつつ簡略化させた名作「スマブラ」シリーズがあるじゃない! なんで鉄拳だったのか分からない。

|恥ずかしい……それでも、やりますか?


こんだけやって結果出なくて、オススメできるわけないじゃないですかwwwww

ストVは2016年春に発売予定なので、アケコンは無駄にならずに済みそうです。
とにかく今回振り返って思ったのは、パッケージゲームもスマホゲームの課金と比較しようとすると、かけた時間とかお金とか出てきて、その結果と向き合って恥ずかしくなりました。
それでも鉄拳7、「ゼロから」やる勇気、ありますか?