『こち亀』を「当時代の文化の象徴と消費」と捉えて読んできて数年……雑誌『SPA!』よりゲームの話題が豊富でゲーマーの自分にはぴったりだったので、連載終了は衝撃でした。
最終話あたり(2016年)はドローンの話題が多かったのもその証左ですよね。

これから何を読めば「文化とその消費」を捉えることができるのか……難民状態です。 

で、一段落ついた『こち亀』を、ゲームという視点でまとめておこうと思います。
ゲーム機が憧れだった頃に思いを馳せて、それがキッカケになって最新ゲームに食指が動いてくれたらうれしいです。


ゲーマー両さん(1)TV JACK 1200


『こち亀』にはじめてゲームが登場するのは9巻「マルチの時代!?」(82話/連載は1978年コミック発売は1979年)。
ファミコンが登場するのは1983年なので、だいたいその5年前のテレビゲーム黎明期。
バンダイの家庭用ゲーム機「TV JACK 1200」が登場!
両さんが『ポン』でCPUに怒ってますwwwwww




画像は『こちら葛飾区公園前派出所』9巻より

ゲーマー両さん


下記画像はコチラより
Bandai TV Jack 1200_www















YouTubeには1000しかなかったです…。