中国のゲーム情報サイト「A9VG」にPlaystationVRのレビューが掲載されています。
注目は、日本ではあまり語られていない「シネマティックモード」について。

シネマティックモードはPSVRに対応していないPS4ソフトやアニメ、映画などでも目の前に大きなスクリーンがあるように楽しめるモード。

さて、そのレビュー結果は……




在PS VR影院模式下我们体验了蓝光光碟版的《蝙蝠侠》和动画电影《言叶之庭》,相对比1080P的宣传片,蓝光版电影的观看效果有所提升。在观看《蝙蝠侠》时,一些特写镜头可以看清角色面部细节,大场面也依然震撼,但还是无法避免清晰度下降带来的画面颗粒感,以及在暗色调场景中的模糊;而比较意外的是《言叶之庭》这种动画片对比之下效果感觉要更好一些,可能也是因为动画的颜色区分比较明显、整体色调也比较明朗。

总结: 对于追求氛围大于追求画质效果的玩家来说,PS VR的影院模式还是可以尝试的;但如果你想依赖PS VR的影院模式来达到电视和大屏幕的极致观影效果,那目前的PS VR恐怕难以达到你的期望。PS VR的影院模式为我们提供了一种新的视觉体验,但它无法成为显示器和电视的替代品

PSVRシネマティックモード

全文はコチラ







PlayStation VRの液晶解像度は960×1080
それほど期待しないほうが良さそうです。
  • 『バットマン』やってみたら以外とよかった
  • 画像の荒さが目立つ時(静止画)があった
  • 『言の葉の庭』見てみたけど、明暗がはっきりしてて結構いい
  • でも、それほど期待できるモードじゃない
  • テレビの代替機になるほどではない