今年は令和元年。
平成を振り返る企画が、ゲームメディア界隈でも発表されましたね。

例えばファミ通の
“平成のゲーム 最高の1本”7100人以上が選んだ1〜10位を発表! ハンカチ必須の思い出コメントも厳選して紹介https://www.famitsu.com/news/201904/30175731.html

1位を獲得した『クロノトリガー』、当時プレイしていたのが懐かしくて、再プレイしました。
※以下ネタバレ注意

当時は、ドラゴンクエストの鳥山明と、ファイナルファンタジーのスクエアがタッグを組んでゲームが出る!
というだけでかなりの衝撃でした。

再プレイ(PSPでPSアーカイブス)してみると…
ラスボスだと思われていた魔王が仲間になったり、ロボの名前が「ロボ」だったり、カエルの名前が「カエル」だったり、あるところまでストーリーを進めると、いつでもラスボスと戦えるようになったりと、良い意味で記憶力のなさ(笑)を発揮してかなり楽しめました。プレイ時間も15時間程度でちょうどいい。様々な時代を旅できて、それぞれの時代の象徴的なキャラが仲間になるのは冒険感満載です!


Amazonとかヤフオクでグッズとか見たりしたんですが、Vジャンプの攻略本とか懐かしい!